2021年06月29日

第43回武蔵野室内アンサンブル定期演奏会ハート

一昨日6月27日は、武蔵野室内アンサンブルの第43回定期演奏会が、昨年から再延期の後、秋川キララホールで開催され、夏田昌和さんの指揮で、ブラームスのピアノ協奏曲第1番、アンコールにブラームスのインテルメッツォ 作品118-2を演奏させて頂きました。

791C018D-CCA9-46BE-BF8B-6EC51B4F9CEC.jpeg
2E1D20C1-1752-4D11-81F6-647335A05F09.jpeg

私はブラームスの作品を聴くのは大好きで、特に交響曲は何枚もCDを集めて聴き比べたり、コンサートを聴きに行ったりしていますが、ピアノソロ曲に関しては、コンサートで頼まれた時以外、自らは選曲してこなかった作曲家の1人でした顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)。特に50分の大曲のブラームスのピアノ協奏曲は、体力的にも屈強な方が演奏した方が良いのでは?少なくとも私が演奏しない方が良いのでは?と敬遠していましたが、今回改めて勉強をして、色々な発見があり、本番では楽しく演奏させて頂きましたハート
このような素晴らしい機会を頂き感謝の気持ちでいっぱいです光るハートまたいつか共演の機会がありますようにきらきらきらきらきらきら

お越し頂いたお客様、素晴らしい指揮をしてくださった夏田さん、美しい演奏をしてくださった武蔵野室内アンサンブルの皆様、サポートして下さった皆様、ありがとうございましたきらきらきらきらきらきら


ここからは記念写真
8F206606-7D57-4B1F-9A38-071DCC5A8802.jpeg
舞台袖で演奏直後にアンサンブルリーダー(コンサートマスター)の長沢俊明さんと記念写真にこにこ。今回で武蔵野室内アンサンブルと3回目の共演ですが、シンガポール人の共通の知人を通じて知り合った長沢さんには、ずっとお世話になり感謝していますきらきら


74AF2FF5-9CDA-4708-AC70-949F991D1A7A.jpeg
楽屋前で長沢さん、そして指揮者の夏田昌和さんと記念写真きらきら
夏田さんは、本番で、私がやりたい事を瞬時に察して下さり、素敵な音楽を作って下さり、常に優しい笑顔で合図を下さり、本当に安心して楽しく演奏出来、感謝の気持ちでいっぱいですメロディハート


A05B4DEE-E65D-44E7-82DE-EF59BC46F114.jpeg
ヴァイオリニストの平澤仁さんが聴きに来てくださいました。平澤さんはつい先日、偶然にも同じ"ブラームス"のヴァイオリン協奏曲をオーケストラと演奏されたばかりにこにこ
そして来週は平澤さんのリサイタルがあり、フランクのソナタ等を共演させて頂きます光るハート光るハート光るハート


517C1930-C83C-4CF0-8B6B-267C280EFAC0.jpeg
前後しますが、ゲネプロが始まる前に、夏田さんが指揮台から撮ってくださった貴重な記念写真顔1(うれしいカオ)



終演後に、、、
リハーサル室で出演者、関係者が集合して、お酒を持っているつもりで(脳内)、乾杯と、ご挨拶と、写真タイムがありましたきらきら
ほんの20分でしたが、武蔵野の素敵なメンバーの方々とお話が出来て楽しい時間でした(エア打ち上げ顔1(うれしいカオ)本物の打ち上げが出来る日が待ち遠しいマティーニ(カクテルグラス)目がハート丸秘)
2059B575-7EBB-4E06-9778-4662D36C6DB9.jpeg
エア打ち上げ会場で夏田さんと光るハート
posted by 鷲宮美幸 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188799536
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック