2019年06月07日

多摩混声合唱団 創立45周年記念定期演奏会きらきら

6/2は、大変お世話になっている、多摩混声合唱団の創立45周年記念の定期演奏会に出演させて頂きましたきらきらきらきらきらきら
第1部は、指揮者の渡辺三郎先生の美しい作品集を、先生から直接ご指導を受け、この日に向けて練習を積み重ねました。当日は、先生の指揮で、益々進化を続ける多摩混声の皆様の美しい歌声は、曲の雰囲気にピッタリ合い、ご一緒させて頂き、幸せでしたきらきら
186DD84D-D023-499E-B4A6-2A65B1810180.jpeg
渡辺三郎先生と記念写真光るハート

第2部は、フレッシュな関口直仁先生の指揮でポップス。お若い関口先生は、音楽に情熱があり、とてもエネルギッシュで、多摩混声の皆様もそれに答えて、第1部とキャラクター、声質を変えて歌われ、私も楽しみなごら演奏させて頂きましたにこにこ


38EFBEA0-F0BA-4A74-8778-1793F0A4BE67.jpeg
第2部の指揮でバリトンのソロを歌われた関口先生メロディ


今までは、ここで私の出番は終わり、後半は優雅な気持ちで、モーツァルトのミサ曲を聴衆として楽しむのですか、今回は、第3部のモーツァルトのミサ、ソナタをパイプオルガンで参加しましたメロディメロディメロディ
8E23E58A-EFD1-4C03-A944-D90DB1EAD1AB.jpeg72189A69-4C10-4118-98C8-05BBF8E28569.jpeg2E039E58-FBDF-4662-B913-C4103EF3102A.jpeg
パイプオルガンは舞台の後方にあり、パイプも上の方にあるので、ピアノを演奏している時の聞こえ方(音のかえり)がだいぶ違い、素敵なソリストの先生方、合唱団、オーケストラの音があまり聞こえなかったのが、驚き、残念でしたが、本当に貴重な経験をさせて頂きました目がハート光るハート
演奏はあとで録音を聴いてみますきらきら
E6B72A17-DED2-48A3-B398-66241D7A3BC7.jpeg
左から素敵なソリストのテノールの布施先生、ソプラノ岩見先生、アルトの内藤先生きらきらきらきらきらきら

次回の定期演奏会では、バッハのミサ、渡辺三郎先生の別の作品を渡辺先生のご指導でハート️、ポップスを関口先生の指揮で演奏予定です。これからも楽しみですハートハートハート
posted by 鷲宮美幸 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186106525
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック