2018年02月11日

卒業試験 

今週は母校の卒業試験週間exclamation調布文化会館くすのきホールで開催され、私は火曜日にチェロとコントラバス、今日、土曜日はヴィオラ専攻の学生さんの伴奏を担当しましたるんるん

DSC_2021.JPGコントラバス科の下川朗君(右)ボッテジーニ作曲のCapriccio di Buravuraをとても華やかに演奏され、チェロ科の和田達也君はシューベルトのアルペジオーネソナタを美しく演奏されましたるんるん
_20180210_175401.JPG今日ヴィオラを演奏された湯浅江美子さんはヒンデミット作曲「白鳥を焼く男」(タイトルはインパクトがありますが、技巧的に難しいけど、楽しい良い曲ですハートたち(複数ハート))から3楽章を演奏され、難曲を力強く、素敵に演奏されました。それぞれの方が十分に力を発揮されて嬉しい試験でしたるんるん
湯浅さんは、ヴィオラの他に、バイオリンも専攻されていて、卒業試験ではバイオリンでバルトークの協奏曲も演奏しました!!!バルトークを伴奏したピアニストの河地恵理子さんと3人で楽屋前で記念写真わーい(嬉しい顔)普段大学では主に低弦(チェロ、コントラバス)担当なので、バイオリン担当の河地さんとなかなか会えませんが、本当に久しぶりの再会黒ハート黒ハート全く変わらず素敵な河地さんハートたち(複数ハート) 河地さんのお父様の指揮者の河地先生とは、以前にオーケストラとコンチェルトを演奏した時に指揮して頂き、お世話になりましたわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

来週は大学入試。それで私の担当は終わりです。受験生の皆さんが力が発揮できるように、来週も精一杯サポートしますわーい(嬉しい顔)手(グー)


話は変わり、、、
昨日新しいCDが出来ましたハートたち(複数ハート)
_20180209_150110.JPG
イ・ムジチ室内合奏団 第1ヴィオラ奏者のマッシモ・パリス先生とのデュオCDで、収録曲はショスタコーヴィッチのソナタ他です。諸事情で、録音から2年が経ってしまいましたが、、、素晴らしいマッシモ先生とCD録音をさせて頂けたのは、本当に光栄です黒ハート これから益々頑張りますぴかぴか(新しい)

# CDは、コンサート会場、ネットでご購入頂けます。またメッセージを頂ければ直ぐに手配致します。よろしくお願い致しまするんるん
posted by 鷲宮美幸 at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
桐朋生の弦楽器科のレベルはとても高いので、卒業される方々の今後のご活躍がとても楽しみですね。
Posted by Micfy at 2018年02月21日 20:21
Micfy様
本当に、これから楽しみです!
Posted by miyuki.w. at 2018年02月25日 03:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182385447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック