2017年09月06日

イ・ムジチのヴィトさんとハート

先日、田園ひかりクリニックサロンのクローズドコンサートで、イムジチ合奏団の第1チェロ奏者で、バーリ音楽院教授のヴィト・パテルノステルさんと共演させて頂きました八分音符
プログラムの前半は、ベートーベンのチェロソナタ第3番、メンデルスゾーンの無言歌。そのあとは全てイタリアンプログラム八分音符。モンティのチャールダッシュに始まり 、ヴィトさんの息子さんで作曲家のマリアーノさんの美しい作品と、ヴィトさんご自身が作曲されたカッコいい変奏曲風の作品。後半はヴェルディ、ロッシーニ等イタリアの作曲家の作品を、ヴィトさんがアレンジ!楽しい素敵なプログラムでした!

ヴィトさんと初めて共演させて頂きましたが、とても豊かな美しい音楽、そして軽やかで輝やかしい音色と、素晴らしい華麗なテクニックで、お客様を魅了して、ご一緒させて頂き本当に楽しく、とても幸せでしたハート
聞きに来て下さったお客様、そしてこのような素晴らしい機会を作ってくださる、病院長でヴァイオリニストの徳山先生に本当に感謝しています!

終演後にヴィトさんと記念写真を撮りました\(^^)/!
DSC_0782.JPG
ヴィトさんは、チェリストとして、また作曲家、指揮者としても大活躍されていますハート

打ち上げ後の記念写真ハート
DSC_0790.JPG
右から徳山先生、ヴィトさん、息子さんで作曲家のマリアーノさん、イタリアから聞きに来られたお友達のデシレさん八分音符
posted by 鷲宮美幸 at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記